FC2ブログ

6日。 記事:【買】 エレコム EHP-C192HRSV


1490:【買】 エレコム EHP-C192HRSV - (もの)

タグ
買った
イヤホン
  1. 6 - 2017/03/01(水) 06:28:50 - [編集]

    「そうだ、イヤホンを買おう」とかって京都に行こうみたいなノリでなんとなくイヤホン買ってみた。
    エレコムのEHP-C192HRSV。
    Amazonで¥3,480
    後述のポータブルアンプ用のmircoUSB→USB変換が¥250
    ZB-03ってのとSHE9100と3つで迷って「ほぼ全てbluetooth(A2DP)で聞く訳で、2,3000円のでいいだろ…」ってな感じで、おまけが付いててなんか楽しそうというよく解らないノリでこいつに決定した。

    いくらなんでも定価¥24,959はガバガバすぎでは?
    本来はイヤホンがおまけ?

    ついてくるイヤホンはエレコム EHP-CH2000のマイク・ボリュームコントロールを外したモノらしい(?)けども、よく解らない。
    評価は良くもなく悪くもなくな感じ?
    単体でも4000円位で売ってて値段なり、ハイレゾ入門用、重低音が強めで音圧が強く、高音と低音が強めで中域が弱めとかって評価だった。
    とりあえず今のよりマシなら問題ない。

    早速装着してみたけども、まず耳が痛い。ババ様、耳が痛い。
    愛用してたSONYのイヤーピース(安いヤツ)に変えてみたらだいぶしっくり来た。
    そのイヤーピースもちょっと前に外出時に片方ぶっ飛んでしまったので、EP-EX11Mの黒と白をそれぞれ追加で購入しとく。
    黒が¥400+白が¥419、多摩電子のウレタンのも買ってみた。¥392。合計¥1,211
    なんで黒と白買うかって言うと「なんとなく」ってのもでかいんだけども、LとRで色変えとくと便利だったりするんだな。
    届くまでは余ってるイヤーピースで凌ぐ。ババ様、片耳が痛い。
    とりあえずデフォのイヤーピースは合わなかった。あと、デフォのヤツはガッチリハマってて抜くのが大変だった。

    ポータブルアンプの付属イヤホンなのでケーブルが短い。60cmだろか?延長ケーブルはついてない。
    6はbluetoothにつなぐ所為でむしろ短い方が欲しかった(今までのはわざわざ束ねてた)ので選ぶ時にそこもポイントが高かったりしたけども、イヤホンだけで使う場合だと多分短すぎるんじゃなかろか。

    とりあえずなんか聞いてみようと、いつも通りSBH20経由で音楽再生。
    うむ。よく解らないけど今まで使ってたやつよりは全然良い。
    各所の評価が言ってることがなんとなく大体解る気がする。
    低音強め、高音が若干トゲトゲしかった(所謂刺さるってやつ?)けども、エージング?なのか単に耳が慣れたのかはよくわからないものの、3日後くらいにはトゲトゲしさがだいぶ滑らかに。

    「人を選ぶバランス」だとかって話も解る気がする。
    曲によってはボーカルが弱めに聞こえる。
    ボーカルが弱めというより他が強い感じだろか?
    低音強めでも音が篭ってる感じはしないし、ミニコンポの時代からプリセットはPOPより断然ROCKだったので好みかもしれない。
    逆に言えばプリセットPOPが好きなら合わないのかな。
    安物のイヤホンしか使ってないので難しいことはさっぱりわからないし、評価見た事による気の所為なのかもしれないが。
    とりあえず6にとっては十分いい音のイヤホンの模様。
    断線しないといいけどなぁ…

    mircoUSB端子がないので変換を使う

    んで本体(?)のポータブルアンプは、どうもwindows10の次のアップデートじゃないとドライバ(?USB Audio Class 2.0)が入らないらしく。
    insider previewを入れれば使えるらしいけども、別に急ぐわけでもないのでとりあえず放置しとくことに。
    元々がAndroid用だし仮にアプデ来て使えなかったとしても泣かないようにしないと。
    ちなみにポータブルアンプ側は非常に評判が悪いようだ。
    ホワイトノイズが酷いとかボリュームコントロールが糞すぎて使い物にならないとかそんな感じらしい。

    またなんかあったら書こう。
    そいあ謎の中華イヤホンも発注済みなんだけども、中華から発送してくるようなのでいつ届くやら。
    送料のが高いのは悔しいから同じの3個も買ってみた。1個¥365
    最近無駄遣いが大杉では?

  2. 6 - 追記

    重量がある所為かでかい所為か不明ながら、今まで使ってたイヤホンの中ではダントツで耳が痛い。音圧がとかではなく物理的に。
    強引に所謂shure掛けにするとだいぶ和らぐんだけどもフィット感が若干落ちる。
    あとコードのLR分岐部分までが短いので、ネックストラップと一体化させてる6みたいな人間だと一々緩めないと頭が通らないっていう(笑)

    買った¥365の中華イヤホン KZ-ATRが届いた。
    fasttechみたいにシンガポール経由で到着。
    amazonの品名は「マイク付き」とかって書いてあるけども、それらしいものは見当たらない。いやマイク要らないからいいんだけど(笑)
    この子は元からshure掛けできるタイプなのでしっくりくるし、小さくて軽いからか全然痛くならない。
    ただ、音質は(¥365にしては非常に良いとはいえ)流石にCH2000に比べるとだいぶ落ちるだろか。

    んー…これは悩ましい。
    とりあえず外出時は中華イヤホンにしてみるかな。断線上等


    creators update(1703)適用したので使ってみた。
    USBに挿すだけで自動的にドライバが入って使用可能に。

    普段bluetoothで使ってるので圧倒的に音は良い。
    ただ…やっぱ無線に慣れてると有線なのがネック。
    部屋の中動き回るだけでも外さないといけないのはかなりきつい。
    音が良いのは確かなので悩ましいところではある。聞いててとても気持ちがいい。
    延長ケーブルでコードむちゃくちゃ長くするか…?
    あとノイズが多いとかってのはよく解らなかった。
    少なくとも付属イヤホンで使う場合ホワイトノイズは無かった。
    普段いい音で聞いてる人には解るのかもしれんが。

  3. コメント

     ※後で編集する場合は必須

      このページのトップに戻る。

  4. トラックバック
    この記事のトラックバックURI
    http://x6x.blog71.fc2.com/tb.php/1490-ff156e5f