FC2ブログ

6日。 記事:えいがかんそうぶん


877:えいがかんそうぶん - (未分類)

タグ
映画
見た
  1. 6 - 2011/01/13(木) 00:07:54 - [編集]

    容疑者Xの献身

    録画しておいたモノ。全編入ってるのかは知らない。
    原作は小説らしく、先にガリレオというテレビシリーズがあったらしい。両方共知らない。
    見てる最中と観終わった直後に残った「決定的に疑問に思うところ」があったんだけども、それでも面白かった。
    中でも堤真一の演技がとても素晴らしかった。
    8枚で良い

    「決定的に疑問に思うところ」は、観終わった後に色々検索してみたら小説を読んだ人の感想とかがあって、それらが自分なりに納得出来る答えだった。
    というか、それがあるからこそこのタイトルであり、最後の演技になる訳か…割と深いんだなぁと感心。
    そう思うと福山雅治の行動とかにも納得がいくし、深く考えたくないならば考えないでOKという、話も映画もよく出来てる気がした。
    9枚で良い

    エレファント

    コロンバイン高校銃乱射事件をテーマにした映画。
    あくまでもテーマで、実際の話の流れにそったものではないようだ。

    事件自体は前に検索して色々見ていて話も大体知っていたので、見てる間は「ハァ…」というため息ばかり。
    この事件はなんだったのか、とか、何が悪いのか、とかって映画ではなく、淡々と大体の流れに沿って進んでいく。
    なんかこれは枚数つけようがない

    見る人によって感想が全く違うだろうけども、あんまり人に薦めるモノではないかもしれない。
    とりあえず娯楽を求めるモノではない。
    知らない方が幸せ、な事が人生には多いんじゃないか、とか、訳の分からない感想を持った。

    スーパーバッド 童貞ウォーズ

    青春ドタバタコメディ(?)

    てきとーにフフフって感じの笑いが多かった。
    5枚で良い

    自分が高校の時にネットが快適じゃなくてよかったなぁ、とか意味のわからない感想を持った。
    エロに不自由しないと、ソッチ系の努力を全くしなかったんじゃないかなぁとか…
    努力してたかかなり疑問だけども。

  2. コメント

     ※後で編集する場合は必須

      このページのトップに戻る。

  3. トラックバック
    この記事のトラックバックURI
    http://x6x.blog71.fc2.com/tb.php/877-3aa432e1