FC2ブログ

6日。 記事:BDMV作成


885:BDMV作成 - (しらべもの)

タグ
BD
ソフト
  1. 6 - 2011/02/05(土) 19:22:23 - [編集]

    折角BDドライブを買ったのだし、H.264なBDMVを作ってみようと色々と勉強+調査。
    正直、全然解ってないけどもメモ。
    BD SLに大体10~12時間くらい動画を入れたい。

    Aviutlで編集・チャプター打ち

    チャプター打ちはチャプター編集 for AviUtl - AviUtl実験室を使わせてもらった。

    Aviutlでエンコしてm2tsを作成

    出力の設定は動画を Blu-ray に焼く - 雑記 - Yahoo!ブログを参考にさせてもらった。
    x264のパラメータはAuthoring a professional Blu-Ray Disc with x264を参考にしてちょろっと弄った。

    m2tsをmultiAVCHDでオーサリング、ImgBurnでBD-RなりREなりに焼く

    v4.1(build770)だとメニューをDIGA(BWT1100)では読み込めないらしく、再生出来なかった。
    メニューを全部無しにしたら読み込めたけども、数突っ込んでるとメニューが無いと流石に辛い。
    USBメモリからBWT1100への取り込みは、チャプター含めてOKだった。
    ただ、なんか文字化けしたファイルとかあった。日本語タイトルにしたせいだろか。

    v3.0(build729)だとメニュー付きでDIGA(BWT1100)で再生可能だった。
    v4.1ではできる、チャプタのサムネイルの画像位置変更が、v3.0ではできないっぽい?
    チャプター位置の微調整も、v4.1では変更できる「動かす量」を変更できないみたいで、やり辛い。

    けども、メニュー付きで再生できるのでやはりv3.0を使用することになるだろか。

    相変わらず動画関連は難しくてよく解らない。
    細かいところで色々問題が出てるのでそれをてきとーに修正したい。
    今回はTS→m2v+wav→Aviutlとやってカット編集したら、音ズレは無かった(気づいてない?)ものの、切ったはずのframeが若干残ってたり。
    実際に見てしまえばほとんど気にならないけども。

    ファイルサイズを予測してcrfってのとvbvってのを弄るのがひじょーに難しくて弱った。
    てきとーな短い場面でテストして「こんなもんだろか」とやったら、ファイルサイズが小さくなりすぎて片面BDが9GBほど余ってしまって勿体無いオバケが出そう。

    解像度が違ったりiだったりpだったりが混在しててもできるのかどうなのかも試してみたい。

    DIGA(BWT1100)では再生可能だったけども、他の機器でどうなのかは解らない。
    友にでもPS3で再生できるか試してもらおう。

    45分位の1080iの動画を、1080iのままエンコして大体1GB~1.19GBになった。
    PCで全画面で近くで見るとかなり劣化してるのが解ったけども、DIGA+液晶テレビで見たら普通に見れた。
    PCでも、離れるか画面小さくするかで見るわけで、VHSもほぼ全部が3倍だった人間からするとコレで十分かも。

    veryslowで実時間の8倍位(?)、fastで4倍位(?)掛かった。

    全体的に勉強・調査不足だけども、なんか大体このままでいい気もする。
    そんなに沢山動画が有るわけでもなし、大量にBDMV作るわけでもなし。

  2. コメント

     ※後で編集する場合は必須

      このページのトップに戻る。

  3. トラックバック
    この記事のトラックバックURI
    http://x6x.blog71.fc2.com/tb.php/885-1a8929de