FC2ブログ

6日。 記事:風呂場に置き忘れた事有り。


998:風呂場に置き忘れた事有り。 - (きになるきじ)

タグ
エロ?
おばか
思った
  1. 6 - 2011/12/21(水) 01:24:56 - [編集]

    だいぶエロ話注意。

    TENGAは使ってるけど、見た目がアレなオナホを買うのはだいぶ躊躇するなぁ…男でも。なのでこの話自体は解る気もする。
    TENGAが無かったら多分オナホは使ってなかっただろう。
    オナホ自体がアレな人から見ると「同じだろw」って感じなんだろけども、6の中ではだいぶ壁がある!

    これは割と思うんだけど、男から見るとやっぱまだ(?というかこれからも?)「オナヌゥとかグッズを自分で使おう」って女が少ないんじゃないかなぁ…とか。
    となるとバイブを買うのは彼氏でもセフレでもなんでもいいけどもとりあえず相方の男が買うんだと思うんだけども、そうなると「デザインが男が好きそうなモノになってしまうのではないか」とかてきとーに考えてみる。
    相手に使うとしたら男の6から見てもスタイリッシュ(?)な方がいい気はするけど…他の男はその辺どうなんだろう。
    なんかイメージ的には女ってあんまり性欲強くない気するし、そもそも比較対象の男のオナヌゥ頻度に比べたら「したこと全くない」とかいう女も居るようだし、数少ない(?)性欲強め(?)な壁がない女向けってなると、男に買わせたほうが数売れそうな気はする。
    海外がどうなのかは知らないけど、とりあえず日本でそうゆう状態にするには「女にもっと気楽にオナヌゥさせるように仕向ける」じゃないとダメなんじゃないか、とか思ったりする。
    TENGAだって「オナヌゥ自体が恥ずかしい」ってな感じだったらまず売れなかったのでは…

    男のオナヌゥはコメディ映画なんかでも笑い話で出てくる位だし。アメリカン・パイ初見吹いたなぁ(笑)
    流石に本に直で「頑張っちゃった」事がバレた友はだいぶ恥ずかしそう(若干涙目)だったけど、次の日辺りにはもう笑い話になってたっけ(笑)
    他にも「ハァハァしてたら兄様入ってきて布団で覆ったら中で出てんのwwwwww」とか違う友が自分から言う位な感じだったけど、男のオナヌゥ話って大体どこでもそんな感じよね…?
    女じゃまずそうゆうのムリそうに見えるけど、なんで男はそうゆうの平気で女はムリなんだろ…?

    入院してる友(男)の見舞いに「女用のバイブをウィンウィン音させながら手持ちで入室する」か「エロ本とオナホ(ガチなやつ)セット」か悩んでた友が居たっけ。
    結局「実用性で」オナホにしたらしいけど、個人的には想像上の画だと前者のが面白いけどね(笑)でも公然わいせつとかなんかそうゆうのにならないのか…?

    ちなみに、6が持ってるのは洗えるTENGAな訳だけども、これは周りの男友の中でも賛否両論だったり。
    6は「むしろ洗いにいかんといけない訳で、両方清潔に保てていいじゃん」派なんだけども、TENGA布教元の使い捨てTENGA派の友は「洗うって行為自体が惨めな感じする」派。
    その友は見た目がガチなオナホも使ってた訳だけども、それのが個人的にはアレな気がするよ!とか若干論争してたら、また別の友が「オナホ自体アレだろ」と締めてくれた。デスヨネー
    でもTENGAの気持ちよさを解説してたらだいぶ欲しそうな顔してた。でも既婚で子供も大きいのでいろいろと難しいらしい。可哀想に…

    いや嫁居るんだから全然可哀想じゃねえ(笑)

  2. 6 - 追記

    お気の毒ではあるが、彼女が喜んでくれたというから、まだ救われる。一方、ふざけて彼女に贈ったピンクローターで、セックスレスに陥ったなんて男性も。

    「彼女と会うたびに、『あれ、やっぱすごいわ!』って言うんです。以降、セックスを断られる回数も増えてきて……その数か月後に彼女の家で、電マを発見しちゃったんです……」(21歳・大学生)

    自業自得とはいえ、あまりにも哀れ。かくも深い、男と女の溝。

    なるほど…こうゆうこともあり得る訳だから普及したらしたで男が困る場合もあるのかぁ
    というか、もし女の性欲が高くないんだとすると、普及したら男がかなり損することになるか…?
    電マって使ったこと無いけど、イメージ的には「あれに慣れられたら太刀打ち出来ない」感じはする!
    6の場合はローターにすら勝てなそうだけど(笑)

    でも実際問題、オナホって結構な割合で女にがっつくパワーを奪ってる気はする。
    なんだかんだいってもやっぱ楽しいふたりエッチにはかなわないけど、確実に何割かは持ってかれてるだろか(笑)

  3. コメント

     ※後で編集する場合は必須

      このページのトップに戻る。

  4. トラックバック
    この記事のトラックバックURI
    http://x6x.blog71.fc2.com/tb.php/998-4b0d9c4f